20160318006

昨晩の、ヘキサゴンⅡで聴いた歌である。
つるの剛士と崎本大海のペアで、フレンズ『泣實德金融 倫敦金いてもいいですか』

最初、
 うわっ、なんちゅう女々しいタイトル、あざといわぁ
・・・と思って、聴き始めたのだが、途中からそんなイメージは消し飛び、
すっかり引き込まれて、
思わず居住まいを正して、聴き入ってしまった。
 これは、胸を打つ歌だよ

今日になって、You-Tubeに何本もアップされているのを観た。
みんなそれぞれ、画質も音質實德金融好唔好も異なるのだが、
アップした人の気持ちも、
また寄せられたコメントも、
皆、同じ感動を伝えているように感じられた。
繰り返し観ていると、涙が止まらなくなる。

「この人に会うために生まれてきたんだ!」
それほどに大切な相手の幸せのために、身を引いて、背を押す勇気。
痛みを伴う別れの悲しみに、耐える姿は、
神々しく優しく、逞しく見える。

 嫉妬したり、妨害したりする輩實德金融 倫敦金が多い中、
 きみの真心の尊さは、必ず、大切な人の心の奥に届くよ。

そう言って肩を叩き、共に涙したくなる歌だ。
それは、女々しい涙ではなく、
明日からまた、新しく歩み始めるための、
力を得るための涙。