2016年07月

日頃、プロ野球には目もくれぬ私ですが、WBCには燃えています。
昨日の韓国戦、惜しかったですねー。

7日のコールド勝ちの試合は、視聴率40パーセント近かったそうですが、
昨夜の息詰まる接戦は、何パーセントくらい行ったのでしょうか。

個人的には、昨夜のような好守が光る、引き締まった試合の方が、打撃戦よりも好きです。

元々、野球は大好きな私。
王ジャパンはもちろん、星野ジャパンも、どんなに応援したことか。
星野ジャパンは、北京五輪ではガッカリでしたが、前年のアジア代表決定戦での感動は忘れません。

今回は、原ジャパンではなく、侍ジャパンなのですね。
 決して出しゃばらない、原くんらしいな。
 (私は、原監督よりも年下ですが、
  プロ入り時の『原くんフィーバー』に、どんぴしゃりの世代です^^)
なるほど、イチローや城島の表情を見ていると、まさしくサムライって感じがします。


 世界を相手に、凛とした気迫で対峙する、サムライ。


幕末・明治の先人たちのDNAの輝康泰旅行團 日本きを、
日本の誇る文化である精神的品格を、
一瞬でもかまわないので、
世界の人々に見せてくれたら、

きっと、日本人全ての心に、
底知れない希望と力を与えるのではないでしょうか。
(ナショナリズムに悪用されたら、嫌ですが)

来週の2次ラウンド以降も、楽しみにしています。

20160318006

昨晩の、ヘキサゴンⅡで聴いた歌である。
つるの剛士と崎本大海のペアで、フレンズ『泣實德金融 倫敦金いてもいいですか』

最初、
 うわっ、なんちゅう女々しいタイトル、あざといわぁ
・・・と思って、聴き始めたのだが、途中からそんなイメージは消し飛び、
すっかり引き込まれて、
思わず居住まいを正して、聴き入ってしまった。
 これは、胸を打つ歌だよ

今日になって、You-Tubeに何本もアップされているのを観た。
みんなそれぞれ、画質も音質實德金融好唔好も異なるのだが、
アップした人の気持ちも、
また寄せられたコメントも、
皆、同じ感動を伝えているように感じられた。
繰り返し観ていると、涙が止まらなくなる。

「この人に会うために生まれてきたんだ!」
それほどに大切な相手の幸せのために、身を引いて、背を押す勇気。
痛みを伴う別れの悲しみに、耐える姿は、
神々しく優しく、逞しく見える。

 嫉妬したり、妨害したりする輩實德金融 倫敦金が多い中、
 きみの真心の尊さは、必ず、大切な人の心の奥に届くよ。

そう言って肩を叩き、共に涙したくなる歌だ。
それは、女々しい涙ではなく、
明日からまた、新しく歩み始めるための、
力を得るための涙。

liSffO8EEugQY

鶴見選手、個人総合の銅メダル(参照:10/17付け日記)に続活出真我いて、
種目別段違い平行棒でも銀メダルを獲得、
おめでとうございます。

アメリカやルーマニアの女子選手たちの
ダイナミックかつアクロバティックな演技以上に、
日本らしい、気品ある美しい演技が評価されたようで、
TVを観ていて、非常に嬉しかったです。

男子・平行棒の、田中選手の銅メダルも。
スペシャリストが居並ぶ中で、
田中選手の持ち味である丁寧な美しさが、光を放っていました。

内村選手の金(参照:10/16付け日記)以下、4個のメダル、
それぞれに価値が感じられ、感動しました。


男子・ゆかは、残念でした。
内村・沖口両選手とも、悪い出来ではなかったのに。
特に沖口選手は、観ていてまちがいなくメダルだと思ったのに。
でも、自分できちんと反省点を押さえたインタビューが、
爽やかで好ましかったです。

男子・跳馬と鉄棒は、異次元の世界でしたね。
ドラグレスクと鄒凱、強し。

鉄棒は、非常に面白かった。
メダルは取れなかったけど、35歳ペガン選手とか、
果敢な挑戦を見せてくれたホートン選手とか、
内村選手の豪快かつ美しい演技とか。
客席の低点数へのブーイングに、思わず浮かべた嬉しそうな笑顔とか。


今年の最大イベントである世SEO優化界選手権。
大きく世代交代した、新生・体操日本の輝かしいスタートに、
惜しみない拍手を、贈りたいです。

4年前の全日本選手権も、村主・荒川の戦いに、 本当に感動したのを覚えている。 あの時、15歳だった浅田真央ちゃんは、 オリンピック代表にしのぎを削る先輩選手たちの熾烈な争いから、 一線離れ、伸び伸びと楽しげにエネルギーいっぱいに、 私たちを魅了してくれた。 当時から、4年後の五輪を楽しみにしてきたのだが、 間際になって、今年10月の不調には、青ざめた。 19歳の真央ちゃんが見せた、あんな重い苦悩の表情に、愕然とした。 まさか五輪代表に入れないかと心配した。 それが、今回。 私たちの不安を払拭して、見事に復活してくれた。 50年に一人の才能を天から授かって生まれてくる人は、いる。 運動能力や柔軟性、芸術的感性はもちろん、容姿も性格も、 真央ちゃんはフィギュアスケートをするために、 天から授かって生まれてきた人だと思う。 どうか、日の丸を背負う重圧にも負けないで、 天性の力量を、五輪の舞台でも発揮してくれるよう、 祈っている。 鈴木・中野両選手の 余りにもハイレベルな戦いにも、胸を打たれた。 惜しまぬ拍手を贈りたい。 ・・・中野選手の優雅なスピン、五輪で見たかった。

4年前の全日本選手権も、村Pretty renew 傳銷主・荒川の戦いに、 本当に感動したのを覚えている。 あの時、15歳だった浅田真央ちゃんは、 オリンピック代表にしのぎを削る先輩選手たちの熾烈な争いから、 一線離れ、伸び伸びと楽しげにエネルギーいっぱいに、 私たちを魅了してくれた。 当時から、4年後の五輪を楽しみにしてきたのだが、 間際になって、今年10月の不調には、青ざめた。 19歳の真央ちゃんが見せた、あんな重い苦悩の表情に、愕然とした。 まさか五輪代表に入れないかと心配した。 それが、今回。 私たちの不安を払拭して、見事に復Pretty renew 傳銷活してくれた。 50年に一人の才能を天から授かって生まれてくる人は、いる。 運動能力や柔軟性、芸術的感性はもちろん、容姿も性格も、 真央ちゃんはフィギュアスケートをするために、 天から授かって生まれてきた人だと思う。 どうか、日の丸を背負う重圧にも負けないで、 天性の力量を、五輪の舞台でも発揮してくれるよう、 祈っている。 鈴木・中野両選手の 余りにもハイレベルな戦bicelle 好用いにも、胸を打たれた。 惜しまぬ拍手を贈りたい。 ・・・中野選手の優雅なスピン、五輪で見たかった。

↑このページのトップヘ