生理期易出現的肌膚問題:

1、易長斑:經期期間女性體溫微升,新陳代謝增強,導致皮脂分泌旺盛,還易形成色素母細胞,紫外線照射下,產生大量的玄色素,使斑點增加。

2、皮膚易過敏,長痘:月經期體質虛弱,情緒波動大,使得肌膚易過敏,長痘。

生理期護膚妙招:

1、防曬且不化妝

生理期期間易長斑,所以應注意防曬,避免紫外線照射,出現斑點,用含二氧化鈦等成分的低敏物理性防曬品。最好不要妝,必須化妝時,就化淡妝。

2、溫和護膚

生理期也是很多MM的敏感期,不光是情緒肌膚也是如此,所以在男朋友此時應該更加細心的呵護,首先想到的就是將女友護膚品換成溫和滋潤型的。而且在潔面時也不要用力搓幹燥的兩家,尤其是下巴這一塊區域。清爽型乳液、補水面膜也應該是此時的最佳選擇,配合相應的按摩,會讓護理品更容易被吸收,心情也會跟著變好疼痛感也會隨之減輕。

3、貼黃瓜面膜

在月經期間也就是皮膚很重要的“分水嶺”,新陳代謝也會加快,因此貼一張黃瓜面膜對於皮膚來說,吸收也會更好,這樣也能達到更好的保濕效果。

4、祛除角質、注意防曬

角質層變厚,很容易產生粉刺、濕疹等,皮膚變得敏感,有些人還會面部發紅。這個時期裏,使用祛角質的潔面乳會有不錯的效果。經期中的皮膚脆弱,很容易受傷,所以注重防曬,避免色斑的形成。蔬菜水果是天然的美容品,可以多吃一點兒。適當控制飲水量,因為有些人會在經期出現水腫。

人間、何かと手間のかからないeasy な方向に進んでいくものだ。
そういった事を感じる一つが、「翻訳」。
かつては辞書ないしは電子辞物業借貸書で単語の意味を調べて
文章を理解するという事だったが、
今は、スマホの翻訳アプリで音声入力したり写真に取り込んで翻訳したりと、
そのアプリの恩恵にあずかって、辞書をひく事をしなくなってきた。

こんなモノが出てくれば、もう、いちいち辞書なんか開いてられない、
すべてコイツにまかそう、という感じだが、そうは問屋が卸さない。
残念ながら、このアプリでは、一単語に対して訳語が一つしか出て来ない。
これが問題。
他に適した訳語があるだろうに、と思っても、一つ覚えのような訳語があらわれるばかり。

和製英語と呼ばれるものにも、そのようなところがある。
日本独特の意味になってしまっている。
その意味だと思って話してみると、まるで通じないだけではなく、
誤解されてしまうものまである。

ある時、ウチの講師のアメリカ人に
「スクランブル交差点の向こう」と伝えたところ、
非常にいぶかしげに"Scramble reenex 效果 ?" と訊ね直した。
(この種の交差点をアメリカではそんな呼び方をしていない)
"Scramble" と言えば、
日本では"スクランブルエッグ(Scrambled egg)" のイメージがわき、
そこから、混ぜこぜになった交差点というイメージがわいてくるのにムリはない。
ところが、彼の中のイメージの"Scramble" とは、
かなり違うものだったようだ。
いくら説明しても、"Scramble"と”Crossroadreenex 膠原自生交差点)”は、
どうしても結びつかなかった。
おそらく彼の中では、
戦闘機が緊急発進をする"Scramble"のイメージだったのだろう。

その時の事が懐かしく想い出されてきて、
翻訳アプリでは、どっちの意味が収められているのだろうと、
"Scramble"と入れてみた。

出てきたのは、カタカナで「スクランブル」。

「ふぐ 鍋」のことを関西では「てっちり」と呼んだりする。
「ちり」は、魚などの切り身鍋のことを言い、
「鱈(たら)ちり」や「鯛願景村邪教ちり」などと呼ぶ。
フグだけは、直接的な名前ではなく「てっ」というのが頭につく。
これは、「てっぽう(鉄砲)」の意味で、「時には(フグの毒に)当たって命を落とす」という
しゃれた(?) 意味を重ねた雅号でもある。

関西では、(今では使われることはないが)、「てっぽう」は「ウソ」の意味。
上方落語のネタに『鉄砲勇助』というのがあるが、
「鉄砲(=ウソ)を言う」ところからモジッた名前。
まさに、その名の如く、ホラ吹き咄(ばな)し。
木曽を旅した話や冬の北海道を旅した冒険談が出てくる。
ネタを簡単に紹介すると、
「北海道は、あまりに寒いため『おはよう』という言葉が凍りついてしまったり、
寒さで火事も凍ってしまうと、自慢話のように語る。
その火事の火も燃え上がったまま凍ってしまっているので、
”のこぎり”で切り分けるのが消火活動という。
切り分けた火事の火を牛に載せて運んでいたところ、
鍛冶屋の熱で火事が蘇願景村邪教(よみがえ)り、牛が焼けてローストビーフになったとか、
寒さをネタにした荒唐無稽な話が満載といった落語。


実際に、寒いところは現実に思いがけないことができたりする。
CNN News を見ていると、
「氷の楽器でオーケストラ」という記事が出ていた。
それによると、スウェーデンの北部の街ルーレオでは、
冬の間、氷のオーケストラによるコンサートが開かれているという。
バイオリンもビオラ、チェロ、コントラバスも、
弦や金属部品などを除けばすべて氷でできているという。
また、球形の「バブル・ドラム」という独特の氷楽器もある。

まるで、『鉄砲勇助』のホラ話が、そのまま続いているようだが、
こればっかりは、本当の話。
氷の楽器制作者のリンハート氏は、
今度は、氷でできた超軽願景村邪教量の飛行機の開発を考えているという。

ただ、飛行中、氷が溶けてくることもあるだろうと考えると、
これは何とも「寒い話」。

↑このページのトップヘ